結婚披露宴のゲストカードについて

結婚披露宴のゲストカードについて

結婚披露宴は、人生における大きな祝い事の一つです。
式場を決めてから、打ち合わせを重ねていき、オリジナルの結婚披露宴を作り上げていくことになります。
式場を決めてから実際に当日を迎えるまでの間には、様々な準備を進めていくことになります。
ドレスショップへ行き、ウェディングドレスやカラードレス、タキシードを選ぶこともあります。
式場では、披露宴の進行内容の打ち合わせや、ウェディングケーキのデザインの打ち合わせ、会場の装飾や流すBGMの選曲など、非常に多くのことを決めていくことになります。
大きなことは比較的式場の担当者と相談をしていくことで決めていくことができます。
逆に細かいことに関しては、式場の担当者にお願いするだけでなく、新郎新婦も力を合わせて進めていくことになります。
例えば、費用を抑えるために、招待状や席次表を手作りで行うこともあります。
式場で用意してもらうと、人数が多ければ多いほど、比較的高額なものとなってしまいます。
手作りにした場合は、文具店やオークションなどで安く用紙などを揃えることも可能です。
そのため、可能であるならば、手作りで準備していくことが費用削減にもつながり、手作り感が出てより親しみが沸いたり、個性を発揮する良い場となることになります。


最近では、結婚披露宴の招待状にゲストカードを同封する方もいます。
通常であれば、挙式当日に受付にて祝儀を出すと同時に芳名帳に名前と住所などを記載していくことになります。
しかし、ゲストカードを同封することで、事前に名前や住所を記載しておいてもらうことが可能となり、当日受付にて時間をとることはありません。
また、ゲストカードにはメッセージ欄などもあり、事前に凝ったメッセージを書いてもらうことも可能となっています。
式場で芳名帳を準備してもらうとお金が掛ることがありますが、ゲストカードにした場合は比較的安価に抑えることも可能となります。
なお、注意点としては、結婚披露宴当日に持ってくることを忘れてしまう方もいる場合があることです。
招待状は比較的早い時期に送るため、それから大分時間が経過してしまうと、カードに記入して持ってくることを忘れてしまったりすることもあり得ます。
そのような事態に備えて、事前にカードの予備も準備しておくことをお勧めします。
受付担当の方にその旨を伝えておき、万が一持ってくることを忘れてしまった方には、受付でもカードへの記入ができるように準備しておくことで、確実に全員の分をファイルにとじることができるようになります。
こちらのサイトhttp://xn--h1s64a26mrz3awb1a.asia/も、披露宴に関する情報が盛りだくさんです。参考にしてみてください。