結婚披露宴に招待客として呼ばれた時のドレスのマナーについて

結婚披露宴に招待客として呼ばれた時のドレスのマナーについて

結婚式や結婚披露宴に招待客として呼ばれた場合、ドレスはどのような点に注意をして選べば良いのでしょうか。
まず一つは、色です。白は花嫁の色なので当然身につける事はマナー違反になっていますが、白に近い色も避けることが大切です。
例えば薄いベージュで全身をコーディネートする行為は避ける事が大切です。
ただし、濃い色のボレロやストール、靴などを身につける事でマナー違反ではなくなるため、白に違い色をもってくる場合には小物使いに気を付けると良いです。
また、黒はどのような場面にも使える色ですが、全身黒にすると喪服を連想させるためこれもマナー違反になってしまいます。
これも小物使いなどに気を付ける事でその場にふさわしい格好になるため、小物の色に配慮する事が必要です。
また、肌の露出をすることはマナー違反になる事が多いので注意が必要です。
得に肩を露出するドレスの場合は、昼間の結婚披露宴ではマナー違反になるため、ボレロやストールなどを身につける必要があります。
この肌の露出という意味でもスカート丈に気を付ける必要があります。
基本的に膝上3センチから膝上のスカート丈のものを選ぶと良いです。
30代後半以降は膝下のスカート丈を選ぶと好印象になります。


また、派手なタイプもマナー違反になります。
あくまで主役は花嫁であり招待客は花嫁を引き立てる脇役である必要があります。
この為、花嫁よりも目立った格好をするとマナー違反になるのです。
華やかにしたい場合には、パステルカラーのものにきちんと感のある小物使いをすると良いです。
また、上下分かれたタイプやバイカラーのものは別れるを意味するため結婚披露宴などに着るにはふさわしくないと言われてきました。
しかし、バイカラーの流行により最近では二色使いのドレスを身にまとう女性も増えてきたのであまりこだわる必要はないのですが、招待客に目上の人が多い場合には、やはり避けた方が無難です。
また、同じく最近ではあまり気にされない項目に柄物があります。
この柄物でも生地全体に模様が織り込まれたものや刺繍が施されたものは問題ないとされていますが、柄がプリントされているものはややカジュアル感が出るため、プリントされた柄物に関してはできれば避けた方が無難です。
このように、結婚披露宴で招待客として呼ばれた時のドレスにはいくつかの注意点があります。
マナーを守ることは新郎新婦に不愉快な思いをさせない事にも繋がるため、招待客として大切な事です。
こちらのサイトに、披露宴の季節に合わせたコーディネイトなどに関しての詳しい説明ページがありました。是非参考にしてみてください。
また、せっかくのお友達や親戚の結婚式なので、女性のみなさんは前日から気合を入れてパックとかしますよね。
もちもちのお肌つくりにはプラセンタhttp://xn--1cki4e8c6bw175aa9883byz9b.com/slack.htmlがおすすめです。