結婚披露宴のドレスコードに配慮しましょう

結婚披露宴のドレスコードに配慮しましょう

結婚披露宴のゲストとして招待された際には、暗黙のドレスコードがあります。
女性が避けた方が良い服装にはいくつかあります。
肩が露出しているドレスは避けた方が良いでしょう。
挙式時や昼間の披露宴においては羽織物をプラスしましょう。
ちなみに披露宴が夜の場合や二次会においては肩の露出が大丈夫な場合もあります。
露出が多いミニスカートや大きく胸元が開いたドレスなども挙式や披露宴では避けた方が無難です。
年齢にもよりますが膝丈から膝下丈程度が好印象を与える傾向にあります。
必要以上に派手又は露出が多いドレス、アクセサリーが過多である、ゴージャスな巻き髪などは避けたい処です。
華やかさを演出したい際にはきちんとした品のある小物とパステルカラーのドレスが良いでしょう。
ドレスコードに関しては、結婚披露宴のゲストは新郎新婦の衣装レベル(派手さやカラーや露出など)を超えない程度が望ましい、と考えておくことが良いのではないでしょうか。
柄がプリントされているタイプのドレスはカジュアルな印象があるので、生地全体に模様が織り込まれているタイプや、刺繍やレースの模様が柄になっているドレスを選ぶ方が良いでしょう。
念のため、年長者や新郎新婦の意見を参考にしましょう。


結婚披露宴のドレスコードとして意外と見落とされることが多い足下は、忘れずにチェックしておきたい処です。
ブーツや素足にミュール、黒タイツなどは、つま先が見えるタイプはカジュアルなものと判断されるということ、厚手の黒いタイツやストッキングなどは喪服を連想させるということなどから避けた方が無難です。
ちなみに、柄の入っている黒いストッキングならば大丈夫とされる処もあります。
5センチメートル程度のつま先が見えないパンプスやミュールで、ナチュラルなストッキングが定番の格好といえるでしょう。
通勤バッグの様な普段使いのバッグを使用する際にはサブバッグとしてクロークに預けることが基本です。
小さめのパーティバッグを使用しましょう。
ファー、ヘビやワニ革のバッグ又は靴などは動物の殺生をイメージさせる為、避けた方が無難です。
羽織物やボレロの素材はサテンやシフォンなどを選ぶことが望ましいでしょう。
結婚披露宴という場にふさわしい格好、言動を行うことが「大人」としてのマナーです。
ちょっとしたことを心がけることによって、大人のマナーを守ることができることでしょう。
大人のマナーをきちんと守れる人は傍目から見ても好印象を与えます。
こちらのサイトには結婚披露宴に呼ばれた時のお祝い金についての解説もありますので、是非ご覧になってみてください。
また、視力に不安がある方、せっかくの結婚式前にレーシック手術http://xn--kpuo06fw1aj2o.net/noglass.htmlはいかがでしょうか。 コンタクトでももちろん良いと思いますが、レーシックを受ける事で快適に過ごせます。